職務経歴書,書き方

職務経歴書,書き方のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

職務経歴書,書き方

職務経歴書について

転職活動では就職活動との違いに職務経歴書が上げられます。
それでは、転職の際に書く職務経歴書には
具体的にはどの様に書けば良いのでしょうか。

まず、入退社年月日や会社名だけ並べるのではなく、
仕事の内容などを具体的に書く必要があります。
さらに、どの様な業界でどんな会社に勤めていたのか、
また、担当部署なども詳しく、
分かりやすく書くように心がけて下さい。

採用する企業側としては、
転職希望者が今まで、どの様な所で働き、
どんなスキルが有るのかを知りたい訳であって
転職する際に書く職務経歴書を見て直ぐ分かる様に
詳細に書く必要があり、
もしも自分の関わっていた仕事で実績が認められ
目標達成や成績1位などの経験がある人は記入しておくと有利でしょう
また、個人ではなくチームなどでの実績に付いても
アピールのためにも書き込んでおきましょう。

次に、自分は今まで仕事に対しての気遣いや心がけ、
自分は仕事に対してどの様なモットーを持ってやってきたか
なども記入しておけば、
あなたの仕事に対する考え方などが分かりやすく、
転職に有利になるし、転職先の企業の方々にも熱意や実績が伝わるでしょう

転職する際の職務経歴書には、特に決まった用紙はありません。
転職先の企業が用意をしている時もありますが、
通常はA4用紙1枚程度でまとめて書くのが主流です。
あれもこれもと自分の過去の実績などをアピールしたいと思っていたとしても、
あまり長くなるってしまうと、
一つ一つを確認している採用担当者も大変だと思うので
なるべく完結にまとめる様にしましょう。

どうしても転職する際の職務経歴書が長くなってしまう時は、
在職期間の長い仕事や転職先の業種に近い仕事など、
実績としての価値や今後の参考になるようなものを重視し
今後転職先では余り関係していない仕事などは省略しておけば
有る程度まとまるので採用担当の方の負担にもならなくなるでしょう。

職務経歴書のまとめ
1:入社した年月日
2:会社名、資本金、年商、従業員数
3:業務内容、配属部署
4:仕事の内容、実績・成績などの功労
を記載しておけば分かりやすいと思います。

職務経歴が複数有り書ききれない場合は、
先ほど紹介したように、
転職先に関連した業種の職歴や
在職期間の長い会社を重点的に記載しましょう。
余り長々となると分かりづらくなり、
印象などに影響する事もあります。  


スポンサードリンク

Category 履歴書

転職を成功させる方法、円満退職のススメの職務経歴書,書き方のリンクについて

転職を成功させる方法、円満退職のススメの職務経歴書,書き方のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。