転職,応募

転職,応募のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

転職,応募

転職希望先への応募方法

転職活動をする上で、転職希望先へ応募する方法は
色々と有ります。 現在は、インターネット等の普及により
インターネットや携帯端末から転職希望の応募が出来ます。
現在では、転職活動の応募方法は
求人情報誌からの応募よりも
転職サイトを利用した応募に変わりつつあるようです。

元々は、電話で状況を確認し履歴書を送付していましたが
現在では、転職サイトで希望する会社を確認し
会社の詳細な情報もインターネットで調べ、
転職先への応募もインターネットでするという形態に変化しています。

それでは、その転職サイトを利用して応募する方法に付いて
書いていきたいと思います。

最初に、応募する前に希望する会社に確認したい事などがある時です
メールで問い合わせる場合、
なるべく簡潔で具体的な文章を書くように心がけてください。
余り突っ込んだ質問は避け軽く質問に留めておきます。
当前の事ですが、会社のホームページで分かるようなことは質問しないでおいてください。
また、採用の合否に関する質問は絶対にしてはいけません
転職先の方が困るような質問は避けましょう。

実際の転職先への応募方法についてですが、いくつかの方法があります

テンプレートから応募する場合

応募用のテンプレートがある転職サイトが多くなってきています
必要事項をテンプレートに記入しただけで転職先の会社に応募できてしまうサイトも増えてきました。
しかも、一度入力した情報が保存され
次からは簡単な記入で済んでしまうサイトもありとても便利です。
気を付けて欲しいのは、転職サイトのテンプレートを利用する場合
記入欄に空欄ができないようにしてください。
それと志望動機については毎回書き換ておいてください。

次に転職先への応募方法として、
テンプレート以外でメールを使用した応募方法があります。

メールで応募する場合

まず、自分のメールアドレスに関しては
在職中の職場のメールアドレスは利用せず、
個人的なアドレスを使用してください。
内容は簡潔に、分かりやすく所定の記入をしましょう。
常に連絡がつく時間帯と連絡先を併せて記入し、
簡単な自己紹介なども記載しておくと効果的だと思います。

転職サイトのテンプレートやメールから応募した場合でも
余り実感がわかないかもしれませんが、
転職活動は始まっています。

転職希望先の会社に電話をかけたり
履歴書を書いて送る時と同様に、
転職サイトのテンプレートやメールを送信する時も
緊張感を持ち、丁寧で分かりやすい内容に努めてください。

履歴書や電話だと直接的に人柄などが伝わるため緊張しますが
テンプレートやメールなどの場合
人と人との接触が無く、
気が緩んでしまう人が多いので注意してください。


スポンサードリンク

Category 就職活動

転職を成功させる方法、円満退職のススメの転職,応募のリンクについて

転職を成功させる方法、円満退職のススメの転職,応募のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。