転職,退職

転職,退職のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

転職,退職

転職するための退職

転職するには前に勤めていた会社を退職すると言うことです。
転職する際に転職活動以外で大変なのが退職でしょう。
在職中の会社を退職するには様々な苦労がある事でしょう、
簡単に退職願い一枚で退職と言う訳には行かないでしょうし、
今まで曲がりなりにもお世話になった会社に対しても
社会人として失礼だと思われますし
社会人としてのマナー違反だと思います。
「終わりよければすべてよし」がピタリと当てはまります。
ですので、きちんと円満退職をして転職をする様にしましょう。

転職先が決まり退職をする時に退職願いを出しますが、
やはり、自分の仕事が一段落つき、
同じ職場で働いている人に迷惑が掛からないようにし、
時期を見計らい、良いタイミングで退職の希望すると良いでしょう。
重要なプロジェクトを抱えているのにやめると言っても
会社としては許せ無いでしょうから、
取りかかっているプロジェクト等が落ち着いたころを見計らい
退職を希望する日を考えると良いでしょう。
やめてしまうとは言え、
まだ働いている職場の人のことを考え
きちんと退職しましょう。

退職希望日が決まったら上司に転職の相談をしましょう。
突然退職願いを出すと感じが悪いので
最初は直属の上司に相談をしてみましょう。
引き継ぎや仕事の都合などの相談をし、
円満に退職出来る日を決めていきます。

退職する日が決まったら退職願いを提出しますが、
転職する1か月前迄には退職願いを出しておかなければなりません。
個々の会社の就業規則により決まっていますので
1ヶ月より前や後でも良い場合もあるので
しっかりと確認しておいて下さい。

退職理由を聞かれた時は、
信頼関係しっかりした上司とならば
転職のことを正直にうち明けても良いでしょうが、
余り信頼関係が無い上司には転職のことは話さず
上手く話を包んで話した方が無難でしょう。
会社や上司や同僚への不満などは、
有ったとしても謹しむように注意してください。
円満退職をしたいので有ればその様な時は、
家庭の事情ややりたい事がある等の自己都合による転職が
最良の退職理由だと思います。

最後に、転職先が決まっている事を上司に話せば
上司も納得し、退職に関係したトラブルもおきにくいと思います。
とにかく円満退職を心がけ、
双方が気持よく仕事ができるようにするためにも
転職する迄色々と段取りを取っておき
スムーズに転職が認めて貰えるようにしたいものです。
転職のための退職を円満に進めるのはなかなか難しいものがあります。


スポンサードリンク

Category 退職

転職を成功させる方法、円満退職のススメの転職,退職のリンクについて

転職を成功させる方法、円満退職のススメの転職,退職のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。