転職,円満退社

転職,円満退社のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

転職,円満退社

転職する際の円満退社

転職する際の円満退職を成功させるためには、
今まで勤めていた会社に、
誠意をもって退職までの対応をするのがポイントです。
転職が決まり、自分勝手にさっさと職場のことも気にせず
辞めてしまうのは社会人として恥ずかしいことです。
仕事に対しても無責任だと思います。

上司にも同僚にも、誠意をもち、
確固たる態度で退社へ向け準備をする必要があります。
転職する際に円満退社ができるかどうかは
かなり気を使いたいところです。

今まで築いた信頼や人脈をこれからも活かせるようにするには、
まずは就業規定通りに期日を守り、
退職することは早めに伝えることが重要です。
労働基準法では2週間前には退職の意向を伝える事になっています。

直属の上司と信頼を築いていたのに、
頬に泥を塗るような事は決してしてはなりません。
上司が部下の管理能力不足と捉えられてしまうかもしれません。
ですからトラブルにならないためにも
転職の意向を期日を守り告げなければなりません。
ただし、退職届を提出する期限は企業によってもまちまちなので、
自分の働いている会社の就業規定をしっかり読んで
退職をする日を確認しておいて下さい。

そして転職する際の退職で一番気をつけなければいけないことは、
やめる会社を困惑させないためにも直属の上司と
まずは相談と言う形からにしましょう。 たとえばランチに誘ってそこで談話したり、
場所を移してゆっくりと話を聞いてもらうような感じで進めましょう。

転職の話を切り出すタイミングですが、
朝などの忙しい時間はやめた方が良いでしょう。
もしも転職をする理由を聞かれた時には、
会社の不平不満を話すのはやめましょう。
退社の理由が現在の会社への不満だったとしても、
社会人として飛ぶ鳥跡を濁さずと言う気持ちを忘れてはなりません。

また、会社によっては引き止められることもあると思いますが、
中には退職の意思を撤回する人もおりますが、
転職を一度決めたのですから撤回せずに貫き通してください。
最後に、退職が決まったら引き継ぎをスムーズに行うためにも
日程を先に考えて進めていけば
スムーズに円満退職することができるでしょう。


スポンサードリンク

Category 退職

転職を成功させる方法、円満退職のススメの転職,円満退社のリンクについて

転職を成功させる方法、円満退職のススメの転職,円満退社のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。